━ 名刺は個性の鏡である━ がコンセプト。名刺のデザインをチョイスして、あなただけのこだわり名刺が作成(印刷)できます。 ● アッピ〜ルマガジン ●

フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
2004年9月13日号 このメールマガジンはHTML形式でお送りしています。オンラインでご覧ください。
暑かった夏もやや落ち着いて、風の匂いが秋を感じさせる季節になりました。過ごしやすい季節になりますね。個人的には忍び寄る冬を感じるので少し気が重くなるのですが(笑)。早いもので次号のメルマガで創刊1年を迎えます。これからもよろしくお願いいたします。
新作名刺のデザインや製作情報などをご紹介 新作名刺紹介や製作情報などをご紹介
あまり知られることのないデザイナーの裏話(名刺作成)を紹介 あまり知られることのないデザイナーの裏話を紹介
関西の文化をご紹介 関西ならではの物事やお店など他の地方にはない関西の文化をご紹介
発行者のひとり言名刺のネタ等 発行者のひとり言、時勢ネタ批評、体験談など幅ひろい話題をご紹介
名刺のマガジン過去のバックナンバー 過去のバックナンバーをご覧いただけます
下のロゴをクリックして、親サイトも覗いて見てくださいね。筆者のプロフィールも掲載されてます。
名刺サイトアッピ〜ル-ロゴ
アッピ〜ルマガジンの親サイト。オリジナル名刺が手軽につくれます。
名刺新着情報
モノクロ名刺紹介 モノクロ名刺紹介
黒一色のシックなデザインです。印刷は黒一色ですが色の付いた台紙との組み合わせによってカラーの名刺とはまた違った雰囲気を出すことができます、またビジネスで使用しやすいシンプルなものも用意しています。
業界裏話 業界裏話
一般的な仕事とは違って、もともと仕事の流れのサイクルが違う我々の仕事。〆切を目安にスケジュールを組み、〆切に無事間にあうように必死に仕上げていくのです。このくらいの仕事内容ならこのくらいで仕上がるという目安は経験でわかっているので大体はスケジュール通りに仕上げることができます。しかし、過去に予測不可能でやってもやっても終わらないような仕事に出くわすことがありました。
ある日、独立する前からおつき合いしている事務所の社長さんから、1本の電話をもらった時が事の始まりでした。「旅行のパンフレット84ページの仕事があるんだけど受けてもらえる?」という内容。旅行のパンフレットの仕事は経験がなかったのですが、ページ数を聞くと84ページという大きいものでしたから、なにげに喜んで「ハイ」と答えてしまいました。地獄が待っているとも知らずに(笑)旅行のパンフレットいえば、よく旅行の代理店によく置かれている「ハワイ○日間の旅」といったような中をめくるとぎっしりといろんな旅行情報が掲載されているアレです。あとで考えてみたら各ページに隙間もないくらいのデザインを浅はかな気持ちで受けた私が悪かったのです。
当時はデジタル化しておらずアナログでの作業で指定原稿という方法で作業は進められました。指定原稿というのは、きちんと印刷できるように割り付けや文字や色の指定を正確に指示する原稿のことをいい、設計図みたいなものと考えてください。それまでの私の仕事は、カンプといって印刷の仕上がり見本を作って終わることが多く、指定原稿まですることがあってもカンプをもとにして指示するので比較的楽なものでした。
しかし、今度ばかりはそうはいきません。見本なんていちいち作る時間もなく、いきなり指定原稿で進めていかなければなりません。しかも入る情報は2転3転することが多く、必死に指定した原稿がその日のうちに変更になり、また作り直しということがざらでした。やってもやっても終わらず、地獄がつづきます。原稿が間にあわず徹夜はざらで、仕事の以来された事務所に居座りそこで原稿を作ったりしました。やっと最終原稿が仕上がった時には、体重が10キロ近く減っていました(笑)
あと終わらない仕事といえば、ある地方の地図をトレースしてデジタル化する仕事でした。よくホームページの地図を検索するとビルや道路が細かく出てきるものがありますが、その元になるものなのです。はじめは下絵の上をなぞるだけだしそんなに時間がかかるものではないだろうと、タカをくくっていたのが間違いのもとでした。こんなに道路ってあるのか?というくらい細かい道路があります。1本1本丁寧に道路をトレースしてずいぶんできたなと範囲を確認するとあれ?といくらいにしかトレースできていないのがわかります。これもまたやってもやっても終わらない。年末に終わる仕事でしたが、冬季休暇を返上せざるをえませんでした。
終わらない仕事は思い出したようにやってきますが、ここのところそういう仕事もなかったのでそろそろやってくるかもしれません。
関西VS全国
関西VS全国
絵をみたあとのお楽しみといえば、喫茶店か飲み屋で絵について語ること。ある美術館の近所に雰囲気のいい喫茶店があり、気分よく語り合っていたのですが、30分もたたないうちに出てくれと言われことがあります。いい絵をみたあとは余韻に浸れるお店も大事ですね。
芸術の秋ということで、私の印象に残った関西の美術館をご紹介します。絵というのは本物が一番です。魂がこもるというのはこのことで、一枚の絵に何かしらパワーみたいなものを感じます。前の事務所の時や独立当初はよく絵をみにいき刺激をうけていたものでした。絵もことさたながら展示している美術館も味わい深く素敵です。
まず紹介したい美術館は『大谷記念美術館』です。この美術館は旧い家屋を改造して作られたものらしく、旧家に近代建築を融合させた作りになっています。すいぶん前のことなので違っているかもしれませんが、ここは靴を脱いで入るため、入り口には銭湯にあるような靴箱があったように思います。旧家におじゃました時のような落ち着いた空間をゆっくりギュッギュと音をたてながら絵を見るのもなかなかいいものでした。この美術館で見た絵は『麗子像』シリーズで有名な岸田劉生(きしだりゅうせい)画伯をはじめ日本の画家ばかりでしたから、よけいに絵のイメージがふくらみました。
つぎに紹介したいのは『京都市美術館』です。平安神宮の近くにある美術館で昭和8年に設立されたこともあり、レトロな建物が印象的。ここでは抽象画の元祖であるカンデンスキー画伯の絵を見ました。京都だけあって少し足をのばせば銀閣寺につづく哲学の道という山道があり、道際には御茶屋さんなどがありなかなか赴きがあります。
少し離れていますが、姫路城の側に『姫路市立美術館』あります。明治・大正時代に兵舎として使われた建物を改造したものらしく、レンガ造りのレトロな建物です。美しい姫路城を眺めながらゆっくりと歩くと建物が見えてくるのですが、その風景も絵画に見えてしまうほどです。ここではいろんな画家の絵を見たのですが、数点しかありませんでしたがクリムトがよかったですね。今でも強烈な印象を残しているのが、鴨居 玲(かもいれい)という洋画家の絵。人物の絵のひとつひとつにオーラがみなぎっていて、見終わったときにすごく疲労感を覚えました。感動して鳥肌がたつことはよくあることですが、どっと疲れたのははじめてでした。
いい絵をみると感動して、自分も絵を描きたくなり燃えます。仕事にも刺激をうけて、いい気分転換になるのですがここのところ行かなくなってしまいました。好きな画家が来た時は行ってみなくては。
ナルの話-名刺作成裏話等
(※)藤岡 弘、さんの弘のあとの句点は誤植ではありません。藤岡さんが自ら改名されたちゃんとした芸名です。藤岡さんといえばハリウッド映画『SFソードキル』という映画の主役を演じてらっしゃいました。現在に蘇ったサムライの役でアメリカを舞台に暴れまわっていました(笑)。某番組の探検隊長としてもいい味を出してらっしゃいますね。
いい歳をしてお恥ずかしいのですが、私は『仮面ライダー』が大好きです(笑)。もちろん第1話からリアルタイムで観ていた世代。当時、我が家はカラーテレビではなくまだ白黒テレビでした。はじめて観たときの感想はただ怖いというだけ…。番組当初はミステリー仕立てのものでしたから子供の私にとってはおばけ映画と同じだったのかもしれません。最初に出てきた怪人は「こうもり男」。無気味だったのは目の部分がスーツアクターの目をそのまま見えるようにしていました。画面も薄暗く夜のシーンもあったので怖くて怖くて第1話を観た夜は眠れなかったのを覚えています。怖いくせについつい観てしまうのは人の常。いつのまにか『仮面ライダー』に夢中になっていたのです。
仮面ライダーといえば1号、2号、V3という風にたくさんのライダーが登場しました。現在に至るまで人気が続いているのは、ある不幸な事件から始まったと言われています。主人公である本郷 猛役の藤岡 弘、さん(※)がバイクで危険なスタントを演じている時に大怪我をしてしまい、一時主役が空席な状態になりました。慌てて代役を立てることにして仮面ライダー2号の登場という苦肉の策で乗り切りました。当時の私はそんな事情は知るよしもなく、ライダー1号は海外のショッカーの陰謀を阻止するため、日本を2号にまかせて旅立ったのだと本気で信じていました。かわりに日本をまかせられた2号がまた新鮮で凄くかっこよく、少し影のある本郷 猛よりも明るくて陽気な一文字隼人に夢中になったのです。また、スナック菓子『ライダースナック』のおまけであるライダーカードが大流行。カードにはラッキーカードというものが付いていて、ラッキーカードを送ると専用アルバムが当るというしくみになっていました。カードだけが欲しくて、お菓子は食べずにゴミ箱に捨てる連中が続出して社会現象にもなり、一時販売中止になったほどです。お菓子の味自体、甘辛い独特の味でしたので当時の子供にはあまり好まれなかったこともありました。中止されてしばらくしたあと、V3の放映と同時に発売が再開されました。お菓子の味もバーベキュー味となっていました。
時は流れて現在も平成ライダーとなって蘇り、子供だけでなく親世代が観ても楽しめるストーリーになっています。特にお母さんの心をとらえたイケメン俳優達が番組終了後も活躍するといった相乗効果もあるようです。平成シリーズの一番はじめの作品である『仮面ライダークウガ』は子供番組の要素はあるものの、ストーリーは考えさせられる秀作となっています。昔のライダーはストイックに怪人と闘うものでしたが、怪人=テロとして置き換えられテロ行為に怒り悲しむ人々をきちんとした人間ドラマとして描かれています。ビデオが出ていますので子供番組だとバカにせず一度みてみたらいかがでしょうか。
★バックナンバー
@ アッピ〜ルマガジン Vol.01 @ アッピ〜ルマガジン Vol.02 @ アッピ〜ルマガジン Vol.03
@ アッピ〜ルマガジン Vol.04 @ アッピ〜ルマガジン Vol.05 @ アッピ〜ルマガジン Vol.06
@ アッピ〜ルマガジン Vol.07 @ アッピ〜ルマガジン Vol.08 @ アッピ〜ルマガジン Vol.09
@ アッピ〜ルマガジン Vol.10 @ アッピ〜ルマガジン Vol.11 @ アッピ〜ルマガジン Vol.12
@ アッピ〜ルマガジン Vol.13 @ アッピ〜ルマガジン Vol.14 @ アッピ〜ルマガジン Vol.15
@ アッピ〜ルマガジン Vol.16 @ アッピ〜ルマガジン Vol.17 @ アッピ〜ルマガジン Vol.18
@ アッピ〜ルマガジン Vol.19 @ アッピ〜ルマガジン Vol.20 @ アッピ〜ルマガジン Vol.21
@ アッピ〜ルマガジン Vol.22 @ アッピ〜ルマガジン Vol.23 @ アッピ〜ルマガジン Vol.24
@ アッピ〜ルマガジン Vol.25 @ アッピ〜ルマガジン Vol.26 @ アッピ〜ルマガジン Vol.27
@ アッピ〜ルマガジン Vol.28 @ アッピ〜ルマガジン Vol.29 @ アッピ〜ルマガジン Vol.30
@ アッピ〜ルマガジン Vol.31 @ アッピ〜ルマガジン Vol.32 @ アッピ〜ルマガジン Vol.33
@ アッピ〜ルマガジン Vol.34 @ アッピ〜ルマガジン Vol.35 @ アッピ〜ルマガジン Vol.36
@ アッピ〜ルマガジン Vol.37 @ アッピ〜ルマガジン Vol.38 @ アッピ〜ルマガジン Vol.39
@ アッピ〜ルマガジン Vol.40 @ アッピ〜ルマガジン Vol.41 @ アッピ〜ルマガジン Vol.42
@ アッピ〜ルマガジン Vol.43 @ アッピ〜ルマガジン Vol.44 @ アッピ〜ルマガジン Vol.45
@ アッピ〜ルマガジン Vol.46 @ アッピ〜ルマガジン Vol.47 @ アッピ〜ルマガジン Vol.48
@ アッピ〜ルマガジン Vol.49 @ アッピ〜ルマガジン Vol.50 @ アッピ〜ルマガジン Vol.51
@ アッピ〜ルマガジン Vol.52 @ アッピ〜ルマガジン Vol.53 @ アッピ〜ルマガジン Vol.54
名刺のアッピ〜ルマガジントップへ
カードのアッピ〜ルトップへ カードのはじめてのご利用 カードのご注文までの流れ カードのサンプル集 カード価格表
カード購入フォーム カードの再注文はこちらから カードのお悩み相談解決 ご利用の注意,カード 法律に元づく表示,カード
メルマガって何 仕事の実績,カードデザイン プロフィール,カードデザイン カードのお問合せ,カードデザイン リンク集NEW,カードデザイン リンク集,カードデザイン
カードの気になる質問見出し カードデザイン カードのデータ入稿・サンプル以外 カードの台紙・サイズなど 注文・発送・返品など,カードデザイン リンクについて
フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
クリップ社名
〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-7-25 チサンマンション 十番館301
TEL.06-6390-6396(受付:平日AM11:00〜PM9:00)
FAX.06-6390-9399
30枚から個性を名刺でアッピ〜ル
名刺デザイン 名刺作成のJOB
筆文字名刺 和風名刺の名刺物語り
クリップデザインオフィス【楽天店】

Copyright (C) 2009 CLIP DESIGN OFFICE, All rights reserved.