━ 名刺は個性の鏡である━ がコンセプト。名刺のデザインをチョイスして、あなただけのこだわり名刺が作成(印刷)できます。 ● アッピ〜ルマガジン ●

フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
2004年7月12日号 このメールマガジンはHTML形式でお送りしています。オンラインでご覧ください。
ごぶさたしております。アッピ〜ルマガジンです。更新が遅くなって申し訳ありませんでした。いよいよ夏本番! 私の大好きな季節。毎朝、天気予報で全国の気温をみるのですが大阪の気温がほとんど上位にあります。沖縄の気温をいつも2℃前後上回っていることが多い。大阪に来た人が口をそろえて暑いというはずですね。
新作名刺のデザインや製作情報などをご紹介 新作名刺紹介や製作情報などをご紹介
あまり知られることのないデザイナーの裏話(名刺作成)を紹介 あまり知られることのないデザイナーの裏話を紹介
関西の文化をご紹介 関西ならではの物事やお店など他の地方にはない関西の文化をご紹介
発行者のひとり言名刺のネタ等 発行者のひとり言、時勢ネタ批評、体験談など幅ひろい話題をご紹介
名刺のマガジン過去のバックナンバー 過去のバックナンバーをご覧いただけます
下のロゴをクリックして、親サイトも覗いて見てくださいね。筆者のプロフィールも掲載されてます。
名刺サイトアッピ〜ル-ロゴ
アッピ〜ルマガジンの親サイト。オリジナル名刺が手軽につくれます。
名刺新着情報
ビジネス新作名刺紹介 ビジネス新作名刺紹介
ビジネス名刺に新しく10種類の名刺が加わりました。シンプルだけどグラフィカルなイメージです。ビジネスでの使用だけでなくいろんな用途でも注目をあびるはず、あなたもひと味違った名刺を作ってみませんか?
業界裏話 業界裏話
私の携わっている仕事は印刷媒体であれホームページであれ、企業や商品などの情報を編集加工しその魅力をアピールするというものです。いわゆる“広告”というものですが、これがまた奥深くおもしろくもあり、むずかしいものなのです。商品の広告の場合、広告の出し方ひとつで売上が大きく変わるといいます。まず大事なのは目立ち、伝えたいことを明確に印象づけることにあります。
例えば昔、ドイツの車のフォルクスワーゲン社が看板を作ることにしました。看板の立てる予定の場所は同じ大きさでしかも看板が碁盤の目のように並べられた場所でした。他社の看板はカラフルで情報の洪水状態。そこでフォルクスワーゲン社は他社との違いをつけるために白場に自社のロゴマークだけを入れただけのシンプルな看板にしたそうです。結果は他の看板の努力むなしく、一番目立っていたのはフォルクスワーゲン社でした。情報いっぱいの看板にポツンとロゴマークのみの看板は一番に目立っていて、しかも一般に知られているロゴマークですから何の広告か一発でわかる。このようになかなかタイムリーなものが出せないのが広告のむずかしさといえます。
我々の仕事で昔流行った広告方法を紹介しましょう。バブルまっただ中にはこんな方法が流行りました。言いたい要素をキャッチフレーズに絞り込み、紙面いっぱいにこれでもか! というくらいの太い文字で入れるという豪快なもので、それが筆文字だったり文字を擦れさせてレトロ調にしてみたり時代背景だなと感じますね。あと逆にシンプルなものが流行ったこともありました。紙面にはワンフレーズのキャッチとリード文のみというもの。問題はシンプルなだけにどれだけ伝えたい情報を絞り込み、読んだ人に伝えることができるか? 絞り込むことはとても時間のかかる作業なので打ち合わせの時間がとてもかかった時期だったとおもいます。作り手が満足したものであっても、見る側が反応しなかったりしますし、作り手が意図しなかったのに反響が大きかったり“広告”というのは奥深いものです。
関西VS全国
関西VS全国
バイタリティの塊のような関西のおばはん。傘の固定器付の自転車は雨の日とはかぎらず、日傘にも利用されています。
今では全国的になりめずらしいものではなくなった“タコ焼き”。関西では空気のような存在といえるかもしれませんね。すべてを確認したわけじゃないので確信はもてないのですが、電車の各駅には1件はタコ焼屋さんがあるかもしれません。みなさん“タコ焼器”なるものを御存じでしょうか? 金属性で丸い板にタコ焼サイズの穴が数個空いているものです。自分の家でたこ焼を焼けるというもので、以前テレビの番組の調査によると大阪の家庭の約6割が“タコ焼器”を持っているらしいのです。残念ながら私の家では持っていませんが、かなり普及をしているみたいです。私の家ではホットプレートでごく普通にお好み焼きを焼いていました。大阪のお好み焼きのお店では“お好み焼き定食”といってお好み焼きをおかずに御飯とお味噌汁あと1品くらいの感じでごく普通にあります。中には“たこ焼定食”といってたこ焼をおかずにというものもめずらしくありません。これが関西以外の地方の方にとっては信じられない組み合わせのようです。たこ焼やお好み焼はおやつであっておかずではないということかもしれませんね。
雨の日の自転車。傘をさしながら運転するのは危険だしとてもやっかいなものですね。関西では自転車のハンドルのまん中に傘を固定する器具をつけて運転する姿をよくみかけます。両手はしっかりとハンドルを握り、傘は真上にきちんとあるという優れモノ。私はこれが全国的なものだと思っていたんですが、なんと関西ならではの風景だと知り驚きました。なんでも大阪の会社の発明品らしく、こんな便利なものを全国の人が見れば大当たりしそうな気がするのですがどうでしょう?
関西といえばお笑いや食い倒れといわれるのが代名詞。もうひとつ代名詞が増えるかもしれない事が起きつつあります。東大阪という中小企業の密生した場所があります。町工場なのに世界でここでしか作れない部品を作っていたりしてすごい所なのですが、なんと東大阪の中小企業の方々が集まって、人工衛星を打ち上げる計画を立てているらしいのです。CMで御存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさん真剣に取り組んでおられる。また、大阪が世界のロボット水準がトップレベルにあるとテレビで紹介されていました。バイタリティ豊かなのが関西の魅力のひとつかもしれませんね。
ナルの話-名刺作成裏話等
私の愛機。以前はオーディオやら音楽機器もたくさんあったのですが、今はこのCDウォークマンのみ。CDを購入してすぐに聴けるのもいいし音を隅々まで聴き取れるし私にとってはベストです。
いよいよ夏本番ですね。以前にも書きましたが、私は季節にあわせてその時期に聴く曲が決まっています。今の時期でしたらボサノヴァになるかもしれませんね。ブラジルの音楽だけあって熱帯夜の夜にピッタリ。アコースティックな音にさらっとしたボーカルは暑い夜も涼やかな感じをかもしだしてくれます。欲を言えば小えびか鳥の空揚げにラム酒にライムを搾ったハイボールかコロナビールが最高! クーラーはできるだけ使わないで汗をかくのが健康的です。
ここのところ機会が少なくなりましたが、毎年、仲間が集まって海水浴に出かけました。関西で海水浴を楽しめる場所といったらそんなに多くないのですが、一番有名なのは兵庫県にある須磨海岸。神戸から少し西に行った場所ですが、砂浜沿いに海の家が建ち並びこれぞ日本の海水浴場といった場所です。そこに集合し、ひたすら肌を焼きます。その時のルールがいっさい水分をとらないこと(笑)のどをカラカラにしてこれまでかというほどにしておいて、帰りに生ビールをググッと飲む。海水浴が楽しみというよりこの瞬間が楽しみなのかもしれません(笑)いつも行く店がミュンヘンというドイツ居酒屋なのですが、レトロな装飾で落ち着いたムード。鳥の空揚げと生ビールのとりあわせが最高です。お腹も出て毛深い私にとって醜態をさらすのは気がひけますが、この一瞬のためなら何でもしちゃうって感じです。
この楽しみとは別にお気に入りのことがあります。須磨には電車で移動するのですが、電車から見える景色がとても素敵。海岸線を沿うように神戸方面独特の西洋チックな町並みをながめながら音楽を聴きます。聴く曲は決まっていてペドロ&カプリシャスです。『五番街のマリーへ』や『ジョニーへの伝言』などをヒットさせた、あの高橋真梨子が在籍していたグループ。彼女自身も好きでアルバムをいっぱい持っているのですが、ペドロの頃の曲はなんとも風景にあうのです。70年代の頃の匂いが戻ってくるようなそんな感じ。詩がドラマの1シーンのようなものがほとんどなのでメロディアスな音とともにそのシーンが目に浮かぶような感覚です。今頃の時期になるとそのことを思い出し、あ〜たまらないなとひとりで考えてしまいます。
★バックナンバー
@ アッピ〜ルマガジン Vol.01 @ アッピ〜ルマガジン Vol.02 @ アッピ〜ルマガジン Vol.03
@ アッピ〜ルマガジン Vol.04 @ アッピ〜ルマガジン Vol.05 @ アッピ〜ルマガジン Vol.06
@ アッピ〜ルマガジン Vol.07 @ アッピ〜ルマガジン Vol.08 @ アッピ〜ルマガジン Vol.09
@ アッピ〜ルマガジン Vol.10 @ アッピ〜ルマガジン Vol.11 @ アッピ〜ルマガジン Vol.12
@ アッピ〜ルマガジン Vol.13 @ アッピ〜ルマガジン Vol.14 @ アッピ〜ルマガジン Vol.15
@ アッピ〜ルマガジン Vol.16 @ アッピ〜ルマガジン Vol.17 @ アッピ〜ルマガジン Vol.18
@ アッピ〜ルマガジン Vol.19 @ アッピ〜ルマガジン Vol.20 @ アッピ〜ルマガジン Vol.21
@ アッピ〜ルマガジン Vol.22 @ アッピ〜ルマガジン Vol.23 @ アッピ〜ルマガジン Vol.24
@ アッピ〜ルマガジン Vol.25 @ アッピ〜ルマガジン Vol.26 @ アッピ〜ルマガジン Vol.27
@ アッピ〜ルマガジン Vol.28 @ アッピ〜ルマガジン Vol.29 @ アッピ〜ルマガジン Vol.30
@ アッピ〜ルマガジン Vol.31 @ アッピ〜ルマガジン Vol.32 @ アッピ〜ルマガジン Vol.33
@ アッピ〜ルマガジン Vol.34 @ アッピ〜ルマガジン Vol.35 @ アッピ〜ルマガジン Vol.36
@ アッピ〜ルマガジン Vol.37 @ アッピ〜ルマガジン Vol.38 @ アッピ〜ルマガジン Vol.39
@ アッピ〜ルマガジン Vol.40 @ アッピ〜ルマガジン Vol.41 @ アッピ〜ルマガジン Vol.42
@ アッピ〜ルマガジン Vol.43 @ アッピ〜ルマガジン Vol.44 @ アッピ〜ルマガジン Vol.45
@ アッピ〜ルマガジン Vol.46 @ アッピ〜ルマガジン Vol.47 @ アッピ〜ルマガジン Vol.48
@ アッピ〜ルマガジン Vol.49 @ アッピ〜ルマガジン Vol.50 @ アッピ〜ルマガジン Vol.51
@ アッピ〜ルマガジン Vol.52 @ アッピ〜ルマガジン Vol.53 @ アッピ〜ルマガジン Vol.54
名刺のアッピ〜ルマガジントップへ
カードのアッピ〜ルトップへ カードのはじめてのご利用 カードのご注文までの流れ カードのサンプル集 カード価格表
カード購入フォーム カードの再注文はこちらから カードのお悩み相談解決 ご利用の注意,カード 法律に元づく表示,カード
メルマガって何 仕事の実績,カードデザイン プロフィール,カードデザイン カードのお問合せ,カードデザイン リンク集NEW,カードデザイン リンク集,カードデザイン
カードの気になる質問見出し カードデザイン カードのデータ入稿・サンプル以外 カードの台紙・サイズなど 注文・発送・返品など,カードデザイン リンクについて
フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
クリップ社名
〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-7-25 チサンマンション 十番館301
TEL.06-6390-6396(受付:平日AM11:00〜PM9:00)
FAX.06-6390-9399
30枚から個性を名刺でアッピ〜ル
名刺デザイン 名刺作成のJOB
筆文字名刺 和風名刺の名刺物語り
クリップデザインオフィス【楽天店】

Copyright (C) 2009 CLIP DESIGN OFFICE, All rights reserved.