━ 名刺は個性の鏡である━ がコンセプト。名刺のデザインをチョイスして、あなただけのこだわり名刺が作成(印刷)できます。 ● アッピ〜ルマガジン ●

フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
vol.53
このメールマガジンはHTML形式でお送りしています。オンラインでご覧ください。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

世はお笑いブーム。 気が重くなるような事件やあいかわらずの景気動向、笑ってないとやってやれないというところでしょうか。少し前まではお笑いの世界もタテ社会の徒弟制度でしたが 養成所出身の師匠をもたない人たちが中心となっているようです。
人気者だったとしても長続きするとはかぎりません。人を笑わせることは一番難しいことなので星のように現れるライバル達から生き残るためにはそうとうな運と努力が必要かもしれません。まさしく戦国時代ですね。
たまたま本屋でみつけた「落語の名作100」を読んでいるのですが落語のあらすじが書かれていてこれがなかなか面白い。それぞれの噺に十一代目 金原亭馬生師匠が 簡単な解説をされています。落語は他のお笑いと違ってストーリーは決まっていて(新作落語を除く)演者の方のさじ加減で同じ噺でも味わいが変わってきます。
私の好きな上方落語の噺で「手水廻し(ちょうずまわし)」というのがあるのですがこの噺は何度聞いても笑ってしまいます。
簡単なあらすじを言いますと上方の宿に泊まった江戸から来た旅人から「ちょうずをまわしておくれ」と女中さんが頼まれます。
「手水(ちょうず)」を洗面道具いうことを知らない女中さん。宿の人に相談するが意味がわからない。食べ物だろうか? などと考えあぐねたあげくもの知りの和尚さんに大急ぎで意味を聞きに行きます。
和尚さんも初めて聞いた言葉。もの知りでしられている手前、知らないとはプライドが許さない。「ちょうずというのは長い頭と書いてちょうずとよむのじゃ」と でまかせを言ってしまいます。
それを聞いた宿の人、街で一番の長い顔の人を探して急いでお客の前へと連れてきます。
なかなか「手水(ちょうず)」が廻ってこないのでイライラするお客。やっと「用意ができました」という声とともに長い頭の人が現れます。
「はやく廻しとくれ」お客さん。
長い頭をまわしはじめます。
「何をやってるんです。はやく廻してくれ」
「もっとでっか?」とよりいっそう早く長い頭をまわす・・・とった噺。
こうして書いていてもやっぱり面白い。

金原亭馬生/監修
「面白いほどよくわかる落語の名作100
あらすじで楽しむ珠玉の古典落語」
「大阪探訪 その3」
「落語家と行く なにわ探検クルーズ」を満喫したあと久々にミナミ界隈を散策です。
大体の料理道具が揃うという「千日前道具屋筋商店街」に向かうことになりました。梅田の地下街も人が多いですがナンバの地下もすごい人。土地勘のない人にとっては迷路状態でしょうね。
「道具屋筋」に出る上がり口を探しているとなんだか独特の色使いの変わったお店が見えてきました。どことなくハンバーガーのファーストフードにも見えます。
タイ料理のファーストフード店「ガァウタイ」。
メニューを見るトムヤンクンラーメンやタイ式やきそばなどがあり美味しそうなので注文して食べることにしました。トムヤンクンラーメンのセットをテイクアウトしカウンターの席で食べてみました。
トムヤンクンラーメンはすっぱくて辛くてうまい。麺はベトナム料理のフォーに似ています。(同じものかもしれません)タイ式エビバーガーはスパイシーで好みの味でした。デザートはかぼちゃのココナッツ煮はアッサリとしていてやさしい味。
こういう店が会社の近所にあればなーと思いました。おいしく食べ地下街からあがると少し昭和の匂いのする路地に出ました。
「千日前道具屋筋商店街」です。
所狭しと料理道具が置かれている店や蝋で作った料理のサンプルのお店もありました。
店舗用の材料などを扱うお店もあったのですがさすがにみなビッグサイズ!店内で聞きなれない異国の言葉が聞こえます。
滞在先で食べるのか、土産に持って帰るのかわかりませんが外人さんが数多くいたのが印象的でした。

懐かしいバーボンとアメリカ料理の店へ行く。
「大阪探訪 その4」につづく

タイ料理のファーストフード店「ガァウタイ」
「千日前道具屋筋商店街」
ご試読ありがとうございました。
購読希望の方、解除の方は
左記のメールマガジン登録・解除ページを
クリックしてください。
編集元/(有)クリップデザインオフィスアッピ〜ル事業部
編集人/松下成恭(マツシタナルキヨ)
毎月2回発行
免責:アッピ〜ルマガジンにより
生じる損害・トラブル等については責任を負いかねません。 
当誌親サイトの自慢の名刺です。気になったら画面をクリックしてみよう!!
携帯・アドレス名刺 KA-401
当誌はオリジナル名刺作成サービスサイト『アッピ〜ル』『JOB』『名刺物語り』の専属情報メールマガジンです。それぞれ個性的で豊富なバリエーションな名刺が自慢です。一度覗いてみてください。また、謎のキャラクター「クモスケ」が活躍するクリップデザインオフィスのオリジナルアニメーションシアターの作品集も必見です。
@ アッピ〜ルマガジン Vol.01
@ アッピ〜ルマガジン Vol.02
@ アッピ〜ルマガジン Vol.03
@ アッピ〜ルマガジン Vol.04
@ アッピ〜ルマガジン Vol.05
@ アッピ〜ルマガジン Vol.06
@ アッピ〜ルマガジン Vol.07
@ アッピ〜ルマガジン Vol.08
@ アッピ〜ルマガジン Vol.09
@ アッピ〜ルマガジン Vol.10
@ アッピ〜ルマガジン Vol.11
@ アッピ〜ルマガジン Vol.12
@ アッピ〜ルマガジン Vol.13
@ アッピ〜ルマガジン Vol.14
@ アッピ〜ルマガジン Vol.15
@ アッピ〜ルマガジン Vol.16
@ アッピ〜ルマガジン Vol.17
@ アッピ〜ルマガジン Vol.18
@ アッピ〜ルマガジン Vol.19
@ アッピ〜ルマガジン Vol.20
@ アッピ〜ルマガジン Vol.21
@ アッピ〜ルマガジン Vol.22
@ アッピ〜ルマガジン Vol.23
@ アッピ〜ルマガジン Vol.24
@ アッピ〜ルマガジン Vol.25
@ アッピ〜ルマガジン Vol.26
@ アッピ〜ルマガジン Vol.27
@ アッピ〜ルマガジン Vol.28
@ アッピ〜ルマガジン Vol.29
@ アッピ〜ルマガジン Vol.30
@ アッピ〜ルマガジン Vol.31
@ アッピ〜ルマガジン Vol.32
@ アッピ〜ルマガジン Vol.33
@ アッピ〜ルマガジン Vol.34
@ アッピ〜ルマガジン Vol.35
@ アッピ〜ルマガジン Vol.36
@ アッピ〜ルマガジン Vol.37
@ アッピ〜ルマガジン Vol.38
@ アッピ〜ルマガジン Vol.39
@ アッピ〜ルマガジン Vol.40
@ アッピ〜ルマガジン Vol.41
@ アッピ〜ルマガジン Vol.42
@ アッピ〜ルマガジン Vol.43
@ アッピ〜ルマガジン Vol.44
@ アッピ〜ルマガジン Vol.45
@ アッピ〜ルマガジン Vol.46
@ アッピ〜ルマガジン Vol.47
@ アッピ〜ルマガジン Vol.48
@ アッピ〜ルマガジン Vol.49
@ アッピ〜ルマガジン Vol.50
@ アッピ〜ルマガジン Vol.51
@ アッピ〜ルマガジン Vol.52
@ アッピ〜ルマガジン Vol.53
@ アッピ〜ルマガジン Vol.54
カードのアッピ〜ルトップへ カードのはじめてのご利用 カードのご注文までの流れ カードのサンプル集 カード価格表
カード購入フォーム カードの再注文はこちらから カードのお悩み相談解決 ご利用の注意,カード 法律に元づく表示,カード
メルマガって何 仕事の実績,カードデザイン プロフィール,カードデザイン カードのお問合せ,カードデザイン リンク集NEW,カードデザイン リンク集,カードデザイン
カードの気になる質問見出し カードデザイン カードのデータ入稿・サンプル以外 カードの台紙・サイズなど 注文・発送・返品など,カードデザイン リンクについて
フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
クリップ社名
〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-7-25 チサンマンション 十番館301
TEL.06-6390-6396(受付:平日AM11:00〜PM9:00)
FAX.06-6390-9399
30枚から個性を名刺でアッピ〜ル
名刺デザイン 名刺作成のJOB
筆文字名刺 和風名刺の名刺物語り
クリップデザインオフィス【楽天店】

Copyright (C) 2009 CLIP DESIGN OFFICE, All rights reserved.