━ 名刺は個性の鏡である━ がコンセプト。名刺のデザインをチョイスして、あなただけのこだわり名刺が作成(印刷)できます。 ● アッピ〜ルマガジン ●

フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
vol.25
このメールマガジンはHTML形式でお送りしています。オンラインでご覧ください。
暑さで寝苦しい日があることが増えてきていよいよ梅雨から夏への季節がやってきますね。
皆様、いかかがお過ごしでしょうか。

中国の遊園地で有名なキャラクターを勝手に引用して問題になったニュースが話題になっていました。いわゆる「パクリ」です。キャラクターではありませんが、世界的に日本語がブームでお菓子や食品に日本語を入れるとよく売れるらしいのです。中には変な日本語をつかった商品が平然とスーパーなどで売られていて日本人観光客の笑いを誘っているそうです。
そういう商品の中でも代表的なものがTシャツ。日本の洗剤のパッケージをそのままプリントされたものや「歩いて徒歩10分」とか「甘さひかえめ」などプッと笑ってしまいそうなのがあります。日本人だって人のことは言えません。日本で売られているTシャツの中には読むのも恥ずかしくなるような英語がプリントされているもともあるのだから。

くすっと笑いたい時にどうぞ
「アジアのいかしたTシャツ」


このTシャツ気にいりました。
日本人じゃない人に着てほしい。
「私は日本人です」Tシャツ
前回の名古屋「リトルワールド編」のつづきです。
ドイツ館でビールやドイツの食べ物を堪能したあと少し上がった所に民家風のイタリア館がありモッツェラチーズとトマトのサラダ、パスタ、イタリア製ビールを頼みました。イタリアはワインが有名なのでビールはどんな味かと飲んでみましたがドイツビールと比べてあっさり味。さすがイタリアうまい料理の宝庫というところです。お腹いっぱいになりました。
少なめだったお客さんも増えてきました。リトルワールド売りのひとつ民族衣装のコスプレも大盛況。いろんな館で衣装に着替えた人たちが撮影にいそしんでいます。
中東地域などのテントを再現したドームに入るところに巨大なラクダを発見。動物園よりも近距離で見ることができるので巨大で迫力満点。
いよいよアフリカ地域のゾーンでワニの肉とダチョウの肉を食べることになります。アフリカ地域の建物はシンプルですが配色が鮮やかで独創的。アフリカ地域センターという場所に「ワニの肉」や「ダチョウの肉」などののぼりや看板のある屋台を発見。様子を見てみるとほとんど街で見かけるやきとりの屋台と変わりません。早速注文、ねぎと肉が交互に串にさされたものを手渡されました。豚のハラミ肉に似たのがワニ、スナズリに似たのがダチョウの肉だそうです。ワニは鶏肉に似ていると聞いていましたが、思ったより脂がのっていてハラミ肉にやや臭みがある感じです。ダチョウは鴨のヒレ肉のようで野性味のあるあっさりとした味でした。「ワニラーメン」という看板もあり、次も食べるかというと微妙に迷います。(笑)
その後、現地の絵師を招いて壁画を描いたネパールの仏教寺院を見学。曼荼羅の壁画は神秘的でネパールに実際にいるような錯覚がしました。
タイ、インド、韓国など料理や建物がありましたが比較的なじみがある国なので今回はパスし最後の館の山形県月山三麗の家で三元豚のコロッケと力こんにゃくをまたもや食べました。
野外ホールでオリエンタルサーカスが公演するので観るつもりでしたが客席がいっぱいなのであきらめて屋内展示場で各国の民芸品を観てまわりました。ここの展示場は大阪の万博公園の民俗学博物館並の充実した展示内容でした。
長居をして帰りの車が混むといけないので早めに帰宅しました。かなり広い駐車場にもかかわらず車がいっぱいで入場しようとする車が数珠繋ぎで待っています。横目に見ながら山道を降りていきますが車の列が途切れることがありません。やっと切れたとおもったら山のふもとでした。なんと、山の道路がすべて車がつながっていたのでした。

リトルワールド

ワニ、ダチョウ料理
当誌親サイトの自慢の名刺です。気になったら画面をクリックしてみよう!!
ビジネス名刺 BG-203
当誌はオリジナル名刺作成サービスサイト『アッピ〜ル』『JOB』『名刺物語り』の専属情報メールマガジンです。それぞれ個性的で豊富なバリエーションな名刺が自慢です。一度覗いてみてください。また、謎のキャラクター「クモスケ」が活躍するクリップデザインオフィスのオリジナルアニメーションシアターの作品集も必見です。
@ アッピ〜ルマガジン Vol.01
@ アッピ〜ルマガジン Vol.02
@ アッピ〜ルマガジン Vol.03
@ アッピ〜ルマガジン Vol.04
@ アッピ〜ルマガジン Vol.05
@ アッピ〜ルマガジン Vol.06
@ アッピ〜ルマガジン Vol.07
@ アッピ〜ルマガジン Vol.08
@ アッピ〜ルマガジン Vol.09
@ アッピ〜ルマガジン Vol.10
@ アッピ〜ルマガジン Vol.11
@ アッピ〜ルマガジン Vol.12
@ アッピ〜ルマガジン Vol.13
@ アッピ〜ルマガジン Vol.14
@ アッピ〜ルマガジン Vol.15
@ アッピ〜ルマガジン Vol.16
@ アッピ〜ルマガジン Vol.17
@ アッピ〜ルマガジン Vol.18
@ アッピ〜ルマガジン Vol.19
@ アッピ〜ルマガジン Vol.20
@ アッピ〜ルマガジン Vol.21
@ アッピ〜ルマガジン Vol.22
@ アッピ〜ルマガジン Vol.23
@ アッピ〜ルマガジン Vol.24
@ アッピ〜ルマガジン Vol.25
@ アッピ〜ルマガジン Vol.26
@ アッピ〜ルマガジン Vol.27
@ アッピ〜ルマガジン Vol.28
@ アッピ〜ルマガジン Vol.29
@ アッピ〜ルマガジン Vol.30
@ アッピ〜ルマガジン Vol.31
@ アッピ〜ルマガジン Vol.32
@ アッピ〜ルマガジン Vol.33
@ アッピ〜ルマガジン Vol.34
@ アッピ〜ルマガジン Vol.35
@ アッピ〜ルマガジン Vol.36
@ アッピ〜ルマガジン Vol.37
@ アッピ〜ルマガジン Vol.38
@ アッピ〜ルマガジン Vol.39
@ アッピ〜ルマガジン Vol.40
@ アッピ〜ルマガジン Vol.41
@ アッピ〜ルマガジン Vol.42
@ アッピ〜ルマガジン Vol.43
@ アッピ〜ルマガジン Vol.44
@ アッピ〜ルマガジン Vol.45
@ アッピ〜ルマガジン Vol.46
@ アッピ〜ルマガジン Vol.47
@ アッピ〜ルマガジン Vol.48
@ アッピ〜ルマガジン Vol.49
@ アッピ〜ルマガジン Vol.50
@ アッピ〜ルマガジン Vol.51
@ アッピ〜ルマガジン Vol.52
@ アッピ〜ルマガジン Vol.53
@ アッピ〜ルマガジン Vol.54
カードのアッピ〜ルトップへ カードのはじめてのご利用 カードのご注文までの流れ カードのサンプル集 カード価格表
カード購入フォーム カードの再注文はこちらから カードのお悩み相談解決 ご利用の注意,カード 法律に元づく表示,カード
メルマガって何 仕事の実績,カードデザイン プロフィール,カードデザイン カードのお問合せ,カードデザイン リンク集NEW,カードデザイン リンク集,カードデザイン
カードの気になる質問見出し カードデザイン カードのデータ入稿・サンプル以外 カードの台紙・サイズなど 注文・発送・返品など,カードデザイン リンクについて
フリーランス名刺へ ビジネス名刺へ プライベート名刺へ 携帯番号&アドレス名刺へ アジアンデザイン名刺へ キャラクターデザイン名刺へ
モノクロデザイン名刺へ カップル名刺へ ペット名刺へ 星座名刺へ 文字だけ名刺へ 顔写真名刺へ
お試し名刺へ
名刺のTOPへ 名刺の裏面印刷について 名刺の印刷・台紙について 名刺のフォント一覧とご説明 名刺の英語表記について 名刺の添付画像のご注意
クリップ社名
〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-7-25 チサンマンション 十番館301
TEL.06-6390-6396(受付:平日AM11:00〜PM9:00)
FAX.06-6390-9399
30枚から個性を名刺でアッピ〜ル
名刺デザイン 名刺作成のJOB
筆文字名刺 和風名刺の名刺物語り
クリップデザインオフィス【楽天店】

Copyright (C) 2009 CLIP DESIGN OFFICE, All rights reserved.